• Home
  • 現場の声、まるわかりblog
  • WebexとGlobalMeet コラボレーションを比較|タイプ別あなたにあうWeb会議システムの選び方

  • 現場の声、まるわかりblog

    WebexとGlobalMeet コラボレーションを比較|タイプ別あなたにあうWeb会議システムの選び方

     

    Web会議システムの選定にあたっては、企業ごとの環境や用途・予算感など、さまざまな要素を総合的に検討する必要があります。Web会議システムにはそれぞれ異なる特徴や強みがあるため、高機能だからといって必ずしもそれがすべての職場にとってベストの選択とは限りません。

    そこで本コラムでは、世界的な知名度を誇る「Webex」と、音質および使いやすさが評価されている「GlobalMeet コラボレーション」の2つについて、特徴や相違点を比較・紹介いたします。いずれも多くの企業で導入されている人気のWeb会議システムですが、ニーズによってどちらが適しているか、具体的なケースとともに見ていきましょう。

    ■WebexとGlobalMeet コラボレーションの特徴

    ●Webexの特徴

    ◎高度な会議機能

    Webexは、多機能かつ高機能である点が魅力のWeb会議システムです。昨今のWeb会議では資料共有機能や録画機能は当たり前に備わっていますが、Webexの会議機能はさらに高度です。

    たとえば「注釈ツール機能」では、共有中の資料に矢印やコメントなどを書き込むことが可能になります。「ホワイトボード機能」を利用すると、実際のホワイトボードと同じように要点を整理しながら議論を進めることができるでしょう。ほかにも、参加者への一括ファイル転送機能や、画面レイアウトのカスタマイズなど、機能をフルに活用することでよりインタラクティブなWeb会議が実現できます。

    その一方で、機能が豊富であるがゆえに、慣れるまでは使いこなすのが簡単ではないという側面も懸念されます。

    ◎世界的に高い知名度

    Webexは、世界で最も利用されているWeb会議システムです。まだ現在ほどWeb会議が普及していない時代からいち早くサービスをスタートさせていたため、ビジネスシーンにおいては広く名前が浸透しています。

    シェアが大きいということは、Webexの操作に慣れている人の絶対数も多いということです。事前の準備や説明をしなくても最初からスムーズに会議を進められる可能性が高いため、より効率的なWeb会議の実現に期待がもてます。

    ◎大規模会議に対応可能

    業界最大規模となる同時接続数も、Webexの強みのひとつです。1会議あたり最大1,000人までが同時に参加することができますので、「会議」という言葉に捕らわれることなく幅広い用途での活用が可能です。

    具体例としては、学会、講演、セミナー、社内研修、PRイベント等への活用事例が見られます。

    ●GlobalMeet コラボレーションの特徴

    ◎シンプルで使いやすいインターフェース

    GlobalMeet コラボレーションは、直感的に利用できることを目指して設計されたWeb会議システムです。「社員向けのマニュアルや説明会などを準備しなくても自然と使いこなしていた」という実例が報告されているほどシンプルな操作性なので、誰にでも利用できる点が特徴です。

    さらに、ブラウザでもすぐに使いはじめることができるため、社内のみならず会議をする相手側の負担の軽減にも繋がります。

    同時参加可能人数は125名まで対応しており、一般的な社内での会議や取引先とのミーティング等であれば、ほとんどのケースは問題なくカバーできるでしょう。

    ◎高音質なWeb会議

    GlobalMeet コラボレーションでは、「Dolby Voice®」を採用しています。「Dolby」と聞けば、映画館やホームシアターで体験する高音質をイメージしやすいと思います。この技術を採用したGlobalMeet コラボレーションの音声は、接続も安定しており、音声の遅延や途切れを軽減し、驚くほどクリアな音質で自然なコミュニケーションを行えます。

    さらにノイズ抑制機能も備わっているため、場所を選ばずに利用できるというのも強みでしょう。周囲の雑音を気にすることなくWeb会議を行えますので、リモートワークやテレワークといった新しい働き方とも好相性です。

    従来はWeb会議というと「音質が悪く聞き取りづらい」というイメージをもたれがちでしたが、GlobalMeet コラボレーションであれば、まるで相手が目の前にいるかのような臨場感を実現できます。

    ◎定額制でローコスト

     

    GlobalMeet コラボレーションの特徴としては、料金体系のわかりやすさも挙げられます。一般的にWeb会議システムの利用料金は複雑になりがちですが、GlobalMeet コラボレーションではリーズナブルな定額制料金を用意していますので、コスト管理が簡単です。PC音声(VoIP)、電話のローカルアクセス料金、さらに画面や映像共有といったWeb会議機能もライセンス料に含まれており定額で使い放題です。

    現在他の遠隔会議システムを利用しているのであれば、GlobalMeet コラボレーションへの入れ替えによってコスト削減を実現できる可能性も考えられます。

    ■タイプ別おすすめのWeb会議システム

    ここまで、2つのWeb会議システムの特徴をそれぞれ紹介してきました。それを踏まえた上で、どちらのWeb会議システムがより適しているのか、シーンごとにみていきましょう。

    なお、下記はあくまでもひとつの案であり、職場ごとの実際の適性は利用規模や予算など詳細な事情まで考慮しなければ判断できない部分もあります。ご検討の際には、担当者等と綿密な相談をした上で導入することをおすすめします。

    ●数百人規模のイベントや高度なインタラクティブ会議に使用

    不特定多数に公開するような大規模なWeb会議の開催を予定しているのであれば、Webexを選ぶとよいでしょう。Webexは1,000人までの参加が可能ですので、参加者人数が多く、規模を重視したいケースではWebexがおすすめです。

    また、多言語インターフェースの利用やCisco社のテレビ会議専用端末との連携といった高度なインタラクティブ機能が求められる場合も、Webexがおすすめです。

    ●新しくWeb会議システムを導入

    ほとんどの社員にWeb会議利用経験がなかったり、ITリテラシーの低い社員が多いようなケースでは、GlobalMeet コラボレーションをおすすめします。マニュアルなしでも使いこなせる直感的な操作性さが特徴ですから、導入時の人的負担が少なくて済むでしょう。

    同様の理由から、ITに明るくない相手とのコミュニケーションにも適しています。パソコンに詳しくない顧客やスタッフとの打ち合わせにも活用したいと考えているのであれば、多機能なWebexではかえって混乱を招いてしまうおそれがあります。誰でも簡単に使いこなせるのがGlobalMeet コラボレーションの強みです。

    ●リモートワークなどで室外・自宅・海外と接続

    働き方改革に伴い、オフィス以外の場所で仕事をする機会は今後ますます増えていくことが予想されます。Web会議は、まさしくそうしたシチュエーションでこそ真価を発揮するツールといえるでしょう。

    リモートワークで接続するケースが考えられるのであれば、GlobalMeet コラボレーションがおすすめです。Dolby Voice®ならではの高音質とノイズキャンセル機能が備わっていますので、ペットの鳴き声や周囲の雑音に惑わされることなくWeb会議を行うことが可能です。

    ●現在の高額なWeb会議システムをコストカット

    高額なWeb会議利用料金に悩んでいる場合にも、GlobalMeet コラボレーションをおすすめします。定額制で、PC音声(VoIP)と電話のローカルアクセス接続が使い放題なので、請求額の上振れリスクを抑えることが可能になるためです。さらにプランによっては、ダイヤルアウトやフリーダイヤルも定額料金で使い放題になるので、毎月のコスト管理の煩わしさを解消することに繋がるでしょう。

    ■終わりに

    WebexとGlobalMeet コラボレーションは、それぞれ特徴があり、ユーザに評価されているWeb会議システムです。しかしながら、両者の特徴を細かく比較してみると、それぞれ得意とする場面が異なっていることをご理解いただけたのではないでしょうか。

    大規模な会議への利用や高度な機能を必要とする場合には、Webexを。IT初心者の利用やリモートワークへの活用、コスト削減などを考慮に入れている場合には、GlobalMeet コラボレーションの導入がおすすめです。

    ただし、これはあくまでも両者の特徴から大まかな傾向を導き出したものに過ぎません。実際に導入する際には、より商品の詳細を理解した上で各環境に適したシステムをお選びいただくことをおすすめします。

    PGiでは、豊富な経験を備えたスタッフが、お客様の利用用途やシーン、ビジネスの課題等をうかがい、最適なソリューションを提案しています。他社での利用事例を知りたい、デモをみたいなどお気軽にご相談ください。