• Home
  • 現場の声、まるわかりblog
  • セキュリティ対策のとれたWeb会議システム: GlobalMeet コラボレーションの安全性

  • 現場の声、まるわかりblog

    セキュリティ対策のとれたWeb会議システム: GlobalMeet コラボレーションの安全性

    ビジネスのグローバル化やリモートワークの広がりなどに伴い、Web会議を利用する企業が増えています。コスト削減や生産性向上に期待のできるWeb会議は、これからの時代の働き方との相性もよく、ますます需要が高まっていくことでしょう。

    一方で、そんなWeb会議にもリスクはあります。インターネット回線を利用したシステムである以上、不正アクセスの脅威と無縁ではいられないからです。ましてWeb会議上で交わされるのは、重要性・機密性の高い情報が大部分であるはずです。社内のほかのシステム同様、Web会議の導入を検討する際にはセキュリティ対策も重視しなければなりません。

    ■Web会議システムの安全性

    Web会議システムの脆弱性が問題となった事例は少なくありません。2018年秋にも、とある無料Web会議システムに重大なセキュリティホールが見つかり、ニュースになったばかりです。このケースでは、悪用されれば管理権限を乗っ取られ、メッセージの偽装や会議参加者のブロックなどが可能になっていたといいます。

    社内外の重要な情報を多く取り扱うWeb会議ですから、第三者にアクセスされることは大問題です。守秘義務のある会話が覗かれた場合には、自社のみならず取引先にまで迷惑をかけることになりかねません。無料で利用できるWeb会議システムはたしかに経済的ですが、セキュリティ対策が不十分では、かえって取り返しのつかない大損害を生じるおそれがあることに注意しましょう。

    そこで、Web会議システムを導入する際には、どの程度セキュリティ対策が充実しているサービスなのかを重視して選ぶ必要があります。

    ■GlobalMeet コラボレーションの安全性

    GlobalMeet コラボレーションは、様々な脅威から大切な情報を守ることのできるWeb会議システムです。高い安全性を実現できた理由は、下記のようなポイントにあります。

    ●強固なパスワード設定

    不正アクセスが引き起こされる原因の多くは、パスワードの漏洩によるものです。同一のパスワードを継続的に使用していると、期間が長ければ長いほど漏洩のリスクも高まることになります。

    そこでGlobalMeet コラボレーションでは、パスワード設定に豊富なバリエーションを用意しました。ワンタイムパスワードや期限付きパスワードの発行、強制リセットの設定などもできますので、継続的なパスワードの利用を回避することが可能です。

    ●安全なデータ管理

    GlobalMeet コラボレーションは、2018年に施行された情報管理のコンプライアンス規格である「EU一般データ保護規則」(GDPR)を遵守しています。EU圏内でこの規格に違反した場合には2,000万ユーロ(約25億円)という高額な制裁金が課されますが、GlobalMeet コラボレーションであれば海外との取引にも安心してご利用いただけるでしょう。

    また、データの保管は独自のデータセンターとAmazon Web Services (AWS)で行っており、データの破損・消失のリスクについても万全な対策をとっています。

    ●録画などへの対策

    Web会議の録画機能には、何度でも見返して確認することができるというメリットがある反面、万一流出した際には、会議内容がすべて外部に漏れてしまうというデメリットもあります。

    GlobalMeet コラボレーションでは、録画を実行できるのはホスト側のみに限定しています。録画データもミーティング終了後に送られる仕様のため、不正な方法で会議に参加した人間がいたとしても、映像の形で会議内容を確認されてしまう心配はありません。また、スクリーン共有などのデータは、録画しないかぎり残らない点も安心です。

    ●ミーティング管理者の権限やセキュリティレイヤーの充実

    セキュリティ対策をより強化すべく、GlobalMeet コラボレーションでは、主催者の権限も柔軟に設定することができます。会議中であってもいつでも参加人数や参加者を確認できますし、特定の会議をロックすることもできますので、参加者を常に管理することが可能です。

    また、参加者がスクリーン共有するには主催者に権限付与してもらう必要があったり、主催者はほかの参加者をミュートできるなど、さまざまな機能を主催者が制限することができますので、会議の規模や目的に応じて、細かく対応することが可能です。

    ■まとめ

    便利なWeb会議システムも、セキュリティ対策が不十分ではそのメリットが帳消しになってしまいます。ビジネス上の大事なデータを扱うWeb会議だからこそ、導入の際にはどれだけの安全性が確保されているのか、慎重に吟味しなければなりません。

    その点GlobalMeet コラボレーションは、不正アクセス対策から個人情報の管理体制、主催者権限の設定まで、徹底したセキュリティ対策を施していますので、高い安全性が確保されています。新たにWeb会議システムを導入する際には、ぜひGlobalMeet コラボレーションをご検討ください。