• Home
  • 現場の声、まるわかりblog
  • Web会議で音質が大切な理由 GlobalMeet コラボレーションで実現する高音質会議

  • 現場の声、まるわかりblog

    Web会議で音質が大切な理由 GlobalMeet コラボレーションで実現する高音質会議

    相手と直接顔を合わせないWeb会議では、音声情報に頼る比重がどうしても大きくなりがちです。どれほど高機能なWeb会議システムを利用していたとしても、音声が聞き取りづらいようでは、その性能を充分に発揮することはできません。質の高いWeb会議を実現するためには、音質にこだわることが何よりも大切です。

    そこで今回の記事では、音質によって会議の質がどれだけ左右されるのか、その影響と原因についてあらためて解説いたします。また、高音質会議を実現できる、PGiの「GlobalMeet コラボレーション」についても、併せてご紹介しましょう。

    ■Web会議において音質が大切な理由

    ●声が人の印象を左右する

    私たちは日頃、言葉だけでなく表情やジェスチャーからも、お互いの意図・感情を読み取ってコミュニケーションを図っています。ビジネスシーンでもこれは同様で、相手のちょっとした仕草を細かく観察しながら、会話を進める人も多いのではないでしょうか。

    しかしWeb会議には、対面で行う会議ほどの情報量はありません。Webカメラを接続すれば、相手の顔を見ることは可能ですが、資料の確認やメモなどほかの作業をしていたら、細かい表情の変化まで把握することは困難です。だからこそ、ふだん以上に声のトーンや微妙なニュアンスが相手に大きな印象をあたえることになります。

    ●音声や口頭の情報が主体のコミュニケーション

    情報伝達に関しても、Web会議における主役は音声です。資料共有機能を備えているWeb会議システムも少なくありませんが、資料の閲覧中はやはり耳を頼りに話を聞くことになるはずです。そもそも資料が用意されていないケースも考えられるでしょう。

    もし相手の発言を正確に聞き取ることができなかったとしたら、これは一大事です。特に契約や納期に関する情報で聞き間違いや聞き落としが頻発するようであれば、会社の信用を失う事態にもなりかねません。重要なシーンでWeb会議を活用していくためには、一定以上の音質は必須です。

    ●海外などや第二言語でのコミュニケーションも多い

    Web会議の大きな強みは、「時間や場所に縛られずにコミュニケーションをとれる」という点にあります。そのメリットを生かして、海外とのやりとりに積極的に利用している職場も多いのではないでしょうか。

    一方で、母国語以外の言語でのコミュニケーションには、より正確性が求められます。幼い頃から慣れ親しんでいる言葉であれば、多少の不明点は前後の文脈から補うことも可能でしょうが、第二言語ではそうもいきません。海外との会議を前提に考えているのであれば、聞き間違える心配がないだけの高音質を用意しましょう。

    ■Web会議の音質を左右する要因

    ●インターネット回線の状態

    Web会議の音声トラブルの原因としてまず考えられるのは、インターネット環境が不安定だというケースです。一般的なWeb会議では、通信をインターネット回線に依存していますから、回線が不安定であれば必然的に音声も不安定になってしまいます。

    具体的には、音声が途切れ途切れになったり、遅延が生じたりといった現象が考えられるでしょう。リアルタイムで会話することを目的としたWeb会議においては、これは致命的なトラブルといえます。

    ●コンピューターのリソース

    インターネット回線に特別な問題がない場合には、ハード側の問題を疑ってみましょう。Web会議を利用するコンピューターのスペックが不十分であれば、やはり音声は途切れたり遅れたりする可能性が高くなります。

    具体的には、メモリが不足していたり、そもそもPCが古くて推奨環境を満たしていない場合などを挙げることができます。たとえ高性能なWeb会議システムであっても、その能力をフルに発揮できるだけのリソースがなければ有効活用はできません。

    ●最適なマイクとスピーカー

    「音声そのものは安定しているのに聞き取りづらい」という場合は、よりシンプルに考えましょう。これはWeb会議システムの問題ではなく、マイクやスピーカーの質が悪いために起こる現象です。低品質のマイクやスピーカーでは、音がこもったり余計な雑音まで拾ったりするため、複数人が参加するWeb会議には向きません。

    たとえばマイクであれば、指向性を意識したり、スピーカーであれば、ノイズキャンセリング機能の有無を考慮した上で選ぶようにすると、聞きやすい音声を実現できるでしょう。PGiではWeb会議に適したマイクやスピーカーも販売していますので、選び方がわからない場合にはぜひ参考にしてください。

    ■GlobalMeet コラボレーションで実現できる高品質音声のWeb会議

    ●ハイブリッド回線

    GlobalMeet コラボレーションは、安定した高品質音声を提供する、Web会議システムです。一般的なWeb会議では回線の不安定さがネックでしたが、GlobalMeet コラボレーションは、電話音声とPC音声(VoIP)とのハイブリッド回線を採用しているため、常に高品質音声でのWeb会議を開催することを可能にしています。

    ●多数のアクセスポイント

    GlobalMeet コラボレーションでは、ローカル電話番号やフリーダイヤルに対応したアクセスポイントを、世界45カ国以上に用意しています。高品質音声のWeb会議に世界各地から参加できるため、ワールドワイドに事業を展開している企業でも、国内と同じように活用することが可能です。

    ●音質にこだわった機能と、高品質の音声

    音声品質へのこだわりは、機能面にも表れています。一般的なWeb会議では音量のコントロールは主催者にしかできないことが多いのに対し、GlobalMeet コラボレーションでは主催者・参加者の双方が自分の手元で音量を調節することが可能です。インターフェースも直観的に操作しやすいものを採用していますから、環境に依存せず高品質音声でのWeb会議を実現できるでしょう。

    ■まとめ

    ここまで解説してきたように、Web会議において最も重視すべきポイントは音声品質です。オプション機能がどれだけ充実していたとしても、音声が聞き取りづらいようでは実際のビジネスシーンでは役に立ちません。Web会議の導入にあたっては、導入コストや運用コストだけでなく、音声品質も必ず考慮するようにしましょう。

    GlobalMeet コラボレーションは、高品質音声を低価格で実現したWeb会議システムです。生産性の高い遠隔会議をお求めの際には、ぜひGlobalMeet コラボレーションをご検討ください。