• Home
  • 現場の声、まるわかりblog
  • V-CUBEセミナー:概要・特徴・デモから活用例や価格まで

  • 現場の声、まるわかりblog

    V-CUBEセミナー:概要・特徴・デモから活用例や価格まで

    V-CUBEセミナーは、国内最大規模の10,000拠点まで同時配信できるオンラインセミナーです。映像や音声だけでなく、資料も画面上で簡単に共有することができますので、会議室で開く一般的なセミナーと遜色ないクオリティでの配信が可能です。

    インターネット接続環境さえあれば誰でもいつでもセミナーの開催・参加ができますので、講演会や社内研修、カスタマーリサーチなど幅広い用途に活用することができるでしょう。今回のコラムでは、そんなV-CUBEセミナーの概要・特徴をご紹介します。

    ■V-CUBEセミナーの特徴

    V-CUBEセミナーの大きな特徴として、「主催者側・参加者側の双方にとって利便性が高い」という点を挙げることができます。

    V-CUBEセミナーはPC・タブレット・スマートフォンの各インターフェースに対応していますので、用途やシーンを選びません。特別なソフトウェアをインストールする必要もないため、導入にあたっての時間や手間がかからないのも魅力といえるでしょう。

    参加者は自宅でくつろぎながら講演を眺めることもできますし、工場で実際に手を動かしながら研修を受けることもできます。主催者側としても、会場の手配や設営といった手間を省けますので、効果の最大化に繋がります。

    一般的な会場型のセミナーとの違いは「参加者の顔や反応が見えない」という点ですが、V-CUBEセミナーであればこの点も心配ありません。チャットやアンケートといったWebならではの双方向性を活かした機能が用意されていますから、参加者の反応を逐一確認しながらセミナーを進めていくことができますし、質疑応答の時間を用意することも可能です。

    さらに、各種V-CUBEサービスを一括利用できる「V-CUBE One」をご契約の場合には、Office365との連携により日程調整や開催予約などもスムーズに行うことができます。

    ■活用シーン

    V-CUBEセミナーの活用シーンは多種多様です。

    最も一般的な利用法は、従来の会場型セミナーの代替として使う方法でしょう。最大10,000拠点まで対応しているV-CUBEセミナーであれば、会場のキャパシティを気にする必要はありません。著名人を招いての講演であってもニッチな分野のセミナーであっても、まったく同じシステムで運用することができるため運営上の悩みが解消されます。

    もうひとつ代表的なケースとして、従業員への研修・トレーニングに活用する方法も考えられます。世界各地に多くの支店を抱えている企業の場合には、個別に研修を実施していたのでは貴重なリソースのロスになってしまいます。V-CUBEセミナーによって同時に多くの従業員を教育することができれば、ビジネスの効率化に繋がるでしょう。

    意外なところでは、カスタマーリサーチへの応用というアイディアもあります。アンケート機能によって多くの顧客の意見をすくい上げることができるほか、ログデータを分析することでマーケティングに役立てることも容易です。

    ■どのようにビジネスに役に立つのか?

    では、V-CUBEセミナーは従来のような会場型セミナーに対してどのような点が優れているのでしょうか。主催者側から見たメリットとしては、おもに以下の3点が挙げられます。

    1. 大幅なコストカット

    これまで、セミナーの開催には少なくないコストがかかりました。会場の利用費やスタッフの人件費のほか、配布資料の準備や移動にかかる時間と手間など、金銭面以外でも貴重な時間的・人的リソースを割いてきたはずです。

    しかしWeb上で完結するV-CUBEセミナーであれば、会場費も交通費も不要ですし、その手配や移動にかかる時間もかかりません。資料もわざわざ印刷することなく共有できます。そうした準備にかかる時間と労働力をほかの業務にまわせば、通常業務のさらなる効率化に結びつきます。

    2. セミナーの資産化

    V-CUBEセミナーでは講義内容の録画や資料の保存が可能です。録画済みのデータは繰り返し閲覧することが可能ですので、こうしたデータの有効活用も考えてみましょう。

    たとえば社内トレーニングや研修などは、年度によって大きく内容が変わるものではありません。過去の録画をそのまま転用しても、充分に意義のあるセミナーとなるのではないでしょうか。セミナーを資産化して再利用することで、研修にかかるリソースを節約できるはずです。

    3. フィードバックによる好循環

    オンラインセミナーの双方向性は、コミュニケーションを濃密にするためだけのものではありません。チャット機能やアンケート機能によって寄せられた一般参加者からの意見は、セミナーの質を改善することにも役立ちます。

    セミナーの資産化および将来的なマネタイズを考えているのであれば、セミナー自体の質を高めることは必須条件です。参加者からの生の意見を参考にすることで、回を重ねるごとにセミナーの質を高めていけるような好循環も生み出せるのではないでしょうか。

    ■まとめ

    V-CUBEセミナーは、従来の講演会や研修などをより高品質かつ高効率なものへと変えることのできるオンラインサービスです。インターフェースを選ばないという利便性の高さのみならず、活用シーンの豊富さやそれに伴うビジネスの効率化など、導入にあたってのメリットは無数にあります。

    セミナーを通じた販路拡大やマーケティング戦略を考えている方は、ぜひPGiが提供するV-CUBEセミナーをご検討ください。オンラインエキスパートのPGiが最適なプランや活用方法をご紹介いたします。V-CUBEセミナーのオンラインデモ動画もありますので、ぜひご覧ください。