• Home
  • 現場の声、まるわかりblog
  • V-CUBEミーティングとは? 特徴・使用シーン・価格を解説

  • 現場の声、まるわかりblog

    V-CUBEミーティングとは? 特徴・使用シーン・価格を解説

    V-CUBEミーティングは、クラウド型Web会議システムとして日本で最も利用されているサービスです。インターネット接続環境さえあれば誰でも利用できるのが特徴で、画質・接続の安定感ともに高品質なのが人気の秘密といえるでしょう。

    今回のコラムでは、そんなV-CUBEミーティングの特徴・利用シーン・価格について、くわしくご紹介していきます。

    ■V-CUBEの特徴

    Web会議システムは、社内だけでなく社外の取引先や海外支社とのコミュニケーションにも利用されるものです。そのため、より利用者の多いサービスを選ぶことがスムーズなビジネスの発展へと直結します。

    V-CUBEミーティングはWeb会議のクラウド市場で11年連続シェアNo.1(※)という利用実績をもちますので、すでに操作方法を熟知している企業も少なくありません。新規にWeb会議を導入する際には、有力な候補となるでしょう。

    ※株式会社シード・プランニング「ビデオ会議/Web会議の最新市場とクラウドビデオコミュニケーションの現状」より

    このシェアの高さの理由として、ユーザビリティの高さを挙げることができます。PC/タブレット/スマートフォンとデバイスを選ばず利用できるため、インターネット環境さえあれば誰でもWeb会議を活用することが可能です。日本人好みのインターフェースを採用していますので、直感的に使いやすい操作性であることも人気の理由といえるでしょう。

    また、HD対応の高画質映像を利用できる点や、回線の安定度も強みといえます。Web会議は直接顔を合わせてのコミュニケーションではないだけに、映像の画質が悪かったり途切れ途切れになったりしてしまうようでは、円滑な対話は望めません。V-CUBEミーティングであれば、実際に面と向かって話しているのと変わらない品質のWeb会議を実現することが可能です。

    ■使用シーン

    V-CUBEミーティングは、ビジネス上のさまざまなシーンで活躍することが可能です。

    ●打ち合わせ・商談

    最もオーソドックスな利用方法としては、打ち合わせや商談への活用が考えられます。

    従来、遠方の取引先と連絡をとる手段は電話とメールぐらいしかありませんでした。しかし重要な議題について話し合いをする際に、電話やメールだけで済ませることには抵抗のある人も多いでしょう。かといって、打ち合わせや商談の際に毎回出張をしていたのでは時間も予算も奪われてしまいます。

    しっかりと互いの顔を見ながら、なおかつリソースを有効活用する手段として、Web会議は最適です。

    ●社内の定例会議

    各部署の責任者が集まって定例会議を行っている会社は、決してめずらしくないはずです。しかしここでもネックとなるのは、参加者がわざわざ会議室に集まらなければならないという点です。

    もし責任者が不在のあいだに重大なトラブルが発生してしまうと、業務には大きな支障が生じることとなります。現場レベルでの判断の遅れは、業種によっては致命的な損失を生むことにもなりかねません。

    その点、Web会議であれば遠隔地からでも会議に参加できますから、通常の業務への影響を最小限に抑えながら定例会議に参加することが可能です。V-CUBEミーティングはデバイスを選ばないというのも強みですので、PCのない現場からでも気軽に参加することができます。

    ●研修・トレーニング

    規模の大きい会社であれば、社員の研修やトレーニングにもWeb会議は有効活用できるでしょう。全国の支社から社員を集めて研修・トレーニングを実施するとなると、時間も交通費もかかりますし、宿泊費が必要な場合もあるでしょう。何回にも分けて開催するとなれば、講師の負担も甚大です。

    それに対しWeb会議は、参加する社員が数百人単位であっても一斉に研修・トレーニングを実施することが可能です。また、V-CUBEミーティングでは会議内容の録画も簡単にできますから、くりかえし映像を確認することでより高い成果に期待がもてます。

    ●その他の使用例

    上記以外にも、遠方の顧客とのミーティングや海外支店との会議など、Web会議の活用シーンは無数に考えられます。リモートワークの運用・管理にも最適ですから、国が推し進めている働き方改革とも好相性です。

    時間や場所にとらわれずビジネスを展開できる今の時代だからこそ、積極的に活用していきたいサービスだといえるでしょう。

    ■価格

    PGiでは柔軟な料金プランをご用意しています。同時接続(ポート)数に応じて料金が発生するほか、国内のみで利用する「ローカルプラン」と海外からも利用できる「グローバルプラン」の2種類から選ぶこともできますので、業務の規模や予算に合わせて気軽にV-CUBEミーティングを導入することが可能です。

    さらに賢く活用したい場合には、「V-CUBE One」という総合的なライセンス体系での契約もご検討ください。V-CUBE Oneでは、V-CUBEミーティングだけでなく、ほかの各種V-CUBEサービスも1ライセンスのみで自由に活用することができます。

    ■まとめ

    以上、V-CUBEミーティングの概要についてご紹介してきました。11年連続シェアNo.1という高い利用実績を維持し続けている背景には、デバイスを選ばない利便性の高さと使用シーンの豊富さ、そして「だれでも」利用できる使いやすさがあります。PGiが提供するV-CUBEミーティングなら、料金プランも柔軟に選ぶことができ、充実したサポート体制も整っています。

    今後ますますWeb会議の需要は高まっていくことが予想されます。ぜひPGiが提供するV-CUBEミーティングをご検討ください。