• Home
  • 現場の声、まるわかりblog
  • 【利用シーン別WEB会議活用法】ネットワーク環境が悪いメンバーと遠隔会議する時どうするか?

  • 現場の声、まるわかりblog

    【利用シーン別WEB会議活用法】ネットワーク環境が悪いメンバーと遠隔会議する時どうするか?

    ネットワーク環境の悪い遠方のメンバーと会議をするときは、クリアな音質の電話会議とWeb会議の連携が効果的です。


    ■Web会議は通信環境に依存する?

    シンプルで、手軽に利用できる電話会議

    電話会議とWeb会議における大きな違いとして通信環境が異なる点があげられます。一般的な電話会議は電話回線を利用したサービスであるのに対し、Web会議サービスはインターネット網を利用したサービスとなっています。


    Web会議システムはPC音声(VoIP)のみで音声コミュニケーションを行うものが多いのですが、インターネットではすべての参加者が同じ品質、同じスピードのインターネット環境にいるとは限りません。インターネットの性質上、双方向の会話が多く、ディスカッションや質疑応答が盛んな会議では、音声データと資料共有などのデータが同時にネットワーク回線の帯域を利用しますので、音声が途切れたり、遅延が発生したりするケースも発生しがちです。

    そのような音声品質のトラブルを避けるため、電話会議を日頃から利用している方や、大切なお客様と会議をする場合など、話をするのにもっとも慣れている電話でコミュニケーションを取ることも多いと思われます。


    しかし、電話会議は音声通話に特化したサービスであるため、資料の共有やテキストメッセージを活用した多地点とのコミュニケーションを行うことができません。


    そんな時に便利なのが、電話回線の安定性と、Web会議の資料共有など、利便性の両方を活用し、より生産性の高い会議を実現できる「電話会議が連携されたWeb会議サービス」です。


    ■電話会議が連携されたWeb会議サービスとは?

    「電話会議が連携されたWeb会議サービス」では、ネットワーク環境の悪いメンバーは電話から音声接続し、その他のメンバーはPC音声で接続するというように、参加者の環境に合わせた音声接続が可能となります。

    つまり、電話音声の参加者と、PC音声の参加者が、1つの会議で混在してコミュニケーションできる「ハイブリッド音声接続」が大きな特徴なのです。


    これまでWeb会議の音質が悪くて会話がスムーズに行えなかったという方も、電話会議連携されたWeb会議サービスを利用すれば、資料や画面を共有しながらクリアな音声でコミュニケーションが行えるため、会議の理解度をぐっと上げることが可能です。また安定した音声品質でスムーズに会話ができるので、会議の進行を妨げません。


    また、音声だけで十分な場合は「電話会議機能のみを利用したコミュニケーション」、映像や資料の共有が必要なら「Web会議の機能も利用したコミュニケーション」と使い分けることも可能です。


    以上の様に、「電話会議連携された(ハイブリッド音声接続が可能な)Web会議サービス」は、一部のネットワーク環境の悪い参加者のために遠隔コミュニケーションを諦めなくてはならなかったシチュエーションでも、安心してWeb会議を行うことが可能となります。

    電話会議とシームレスに連携したWeb会議サービスを利用して、効率的に仕事を進めてみてはいかがでしょうか。





     

     

    Web会議No.1 CiscoのWebEx Cisco WebEx

    Web会議システム 7年連続シェアNo1! V-CUBE