業種/業務別活用術

人事部門

人事部門でのWeb会議活用方法で注目されているのがオンライン面接/オンラインインタビューで、次のような活用方法があります。

オンライン採用面接

昨今のグローバル化の動きにより、採用面接担当者や採用候補者が海外にいる場合も多く見られるようになりました。このような背景からWeb会議を利用した面接が増えています。
国内外問わず活動をしている担当者の場合、一つの面接ごとに現地に赴くのではあまりに非効率的なのではないでしょうか。いまや人事部門の業務はより複雑で多岐にわたり、人事部門以外の業務を兼任するケースも珍しくなく、限られた時間の中で効率よく採用面接を行う必要性が高まっています。
また、グローバルに活躍できる優秀な人材を確保するため、採用対象を海外にまで広げるケースも増えています。しかし面接の度に海外へ出張するわけにもいきませんし、候補者に来日してもらうのも大きな負担になってしまいます。このような場合に便利なのがWeb会議です。Web会議なら移動時間やコストを考慮せず都合が付く時間帯で調整できるため、よりたくさんの採用候補者と効率的に会う事が可能です。

在宅勤務・転勤者、休職者のケア

ワークライフバランスやテレワーク(在宅勤務)など、多様な働き方ができる環境が求められています。また少子高齢化における労働力確保、女性の活用なども大きな課題となっています。
このような課題の解決策として注目されているのがWeb会議サービスです。
自宅や遠方の拠点で働く社員はオフィスでの会議へ参加するのが難しいだけでなく、コミュニケーション不足によって疎外感を覚えがちです。海外や慣れない土地に転勤になった社員とその家族が現地での生活に不安を感じるケースも多いでしょう。Web会議は相手の顔を見ながらコミュニケーションできるので安心感や親近感を与えられ、このようなケースで社員やその家族の心のケアに使われるなど利用シーンが広がっています。
また育児や介護休業中の社員がすぐに業務に復帰するための情報提供やトレーニングなどにも活用されています。この他にも複数拠点に点在する新入社員へのオリエンテーションや人材開発部門から社員へのトレーニングなど、利用シーンは様々です。

このようにWeb会議は大変便利なツールですが、人事部門は他部門との関わりが多く様々な人と接するため、Web会議サービスを検討する際は誰でも簡単に利用できる「使いやすさ」を意識して検討・導入することが大切になります。



 

 

Web会議No.1 CiscoのWebEx Cisco WebEx

Web会議システム 7年連続シェアNo1! V-CUBE