• Home
  • 業種/業務別活用術
  • カスタマーサービス

  • 業種/業務別活用術

    カスタマーサービス

    カスタマー(顧客)に対する全般的なサービスを担当するカスタマーサービス部門では、 購入者に対する製品のサポートや、購入前の問い合わせに対する窓口として、多くの場合は電話やメールといった手段が用いられています。しかしこの分野でもWeb会議システムの有効性が注目を浴び、様々な場面で活用されています。


    遠隔サポートの充実

    たとえば、従来電話やメールだけでは難しかった説明も資料等を画面で共有したり、実際に製品を手に取って説明する様子をWebカメラで映しながら説明をしたりすることがリアルタイムできるため、分かりやすく効率的なサポートを可能にします。
    また、製品サポートに限らず旅行などの体験商品でも、サポートスタッフの顔を見て話せることで大きな安心感を与えることができます。実際は遠隔でのサポートであっても、Web会議を使えば、対面で説明しているかのような分かりやすさと安心感・親近感を与えられるのです。
    こうしたきめ細かいサービスを提供することで、これまで来店が難しかった遠方の顧客やリピーターの獲得、口コミでの紹介を見込むことも可能となるでしょう。


    訪日観光客へのサポート

    さらに、最近話題となっている活用シーンに、訪日観光客への対応があります。一部の量販店や小売店では、iPad等のモバイルデバイスを利用してWeb会議に接続し、外国語の話せるオペレータと外国人客が顔を見ながら買い物の相談をするなど、その場にいなくても遠隔で顧客をサポートするのに役立てています。
    英語や中国語、その他さまざまな国の言葉を話すスタッフを各店舗で常に配置しておくのは難しいですが、こうした外国語対応が可能なスタッフを一か所に集めて必要な時にWeb会議でつなぐことで、外国人観光客にも効率的に対応することができます。来店する観光客側も、自国の言葉を話すスタッフに相談できることが分かれば買い物しやすくなるでしょう。
    来る、2020年の東京オリンピックを見据え、訪日観光客へのサポート体制を整えることが求められます。Web会議システムを利用すれば上記のように訪日観光客への遠隔サポートが可能になりますので、外国人客の不安を払拭して更なる経済効果を期待することができるでしょう。



     

     

    Web会議No.1 CiscoのWebEx Cisco WebEx

    Web会議システム 7年連続シェアNo1! V-CUBE